無料相談の種類

法律事務所の無料相談には、電話相談、メール相談、直接相談といくつかパターンがあります。自分の抱えている問題の緊急度に応じて選ぶといいでしょう。

今すぐに自分の相談を聞いてもらい、アドバイスが欲しいという場合には、電話での相談がおすすめです。今日明日にでもどうにかしたいという緊急の相談の場合は、すぐに話せる電話が一番です。また、電話相談なら、そのまま弁護士との面談予約をする事もできます。電話相談で信頼できる弁護士だと感じたら、面談での相談を申し込むのがいいでしょう。電話相談は時間も限られているため、電話する前に要点をまとめておくのが大切です。

メールでの相談の場合は、あまり自分の素性を明かさなくても相談できるというのがメリットです。緊急性が低い案件の相談をするなら、メール相談でも十分でしょう。しかし、メールの場合は要点が伝わりにくい点があり、弁護士からもごく一般的な回答しか得られない場合が多いです。的確な判断を求めるのであれば、電話や直接の相談の方が満足いく回答が得られる可能性は高いです。

弁護士の無料相談は、メールの場合を除いて、基本的には30分程度です。自分の納得いく回答を得るためには、相手に状況を伝わりやすくするために、事前に資料や言いたいことを準備しておくといいでしょう。

 

相性の良い法律事務所を見つける

法律事務所の無料相談をする場合、そのジャンルに詳しい弁護士を探すのが大切です。弁護士には専門というものはありませんが、やはち得意としているジャンルはあります。たとえば、離婚訴訟を得意としている弁護士に債務整理をお願いしても、どうしても知識が足りない部分が出てくるでしょう。債務整理なら、債務整理に強い弁護士を探すのが一番です。

弁護士に相談しなくてはいけない状況という事は、かなり切羽詰まった状況です。そのため、良い弁護士探しはとても大切です。無料相談に行くことで、自分と相性の良い弁護士を見つけられます。無料相談を積極的に活用して、自分が一番相談しやすいと思う法律事務所を見つけましょう。

どのような人を信頼できる弁護士と感じるかは人それぞれですが、弁護士には依頼人との相性があるというのを念頭に起きましょう。特に、債務整理の相談は、自分のデリケートな部分まで話す必要があるので、信頼して自分の悩みを打ち明けられる弁護士に巡り合う事が大切です。

法律事務所の無料相談を探す方法は、インターネットで検索したり、法テラスで紹介してもらったり様々ですが、依頼する前には必ず電話や対面で直接弁護士と話し、自分に合ったところに行くのがいいでしょう。